読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南米日本人サッカー監督の挑戦

南米でのサッカー監督ライフを書いていきます。

ペルーリーグを観て来ました。

ペルーリーグの終盤戦。
Alianza Lima(3位) 対 Deportivo Municipal(2位)
の試合を観て来ました!

1stレグの試合も残り僅か、優勝するためにはお互いに勝たなければならない大事な一戦。

僕は現在アリアンサ・リマの育成部に指導者国際交流でお世話になっているので、チームとしては当然アリアンサ・リマを応援。

でもDeportivo Municipalの日本人、澤 昌克 (さわ まさかつ)選手だけは一点取って欲しいなんて願ってしまったり。

アリアンサのみんなごめんね!


会場は超満員でした。f:id:ryotahenzan:20150817144814j:image

動画:大歓声の様子


試合は終盤戦の上位対決という事もあり、0-0という結果の割に、白熱。


ハーフタイムshowの美女は必見です。f:id:ryotahenzan:20150817152644j:image

こっちの動画の方が良いかな。
ペルーでは「ストリップshowか!」と小さな話題です(笑)




ペルーリーグはサッカー最強大陸南米の中では注目度も実績も低めではありますが、前から激しくボールを奪いに行ったり、南米らしくテクニックを見せたり、面白いなと感じました。


肝心の澤選手は85分から出場という短い時間、しかも出場と同時に味方が退場という劣勢の中で、攻撃的な選手である澤選手の見せ場は少なめでちょっと残念。


でも普段はレギュラーとして出場してますよ。

今回は前節で頭を切る大怪我で4針縫った事を懸念して、先発は外れ、それでも得点の欲しいラスト5分には監督も出したくなった、って所じゃないですかね?

f:id:ryotahenzan:20150817150535j:image


澤選手は柏レイソルでもプレーしたJ1制覇メンバーですが、ここペルーでも年間最優秀外国人選手賞を獲得した事のある有名人。


サッカー好きのペルー人には僕が日本人だと知ると、「マサカツ・サワ!」と呼ばれます。

ペルーでは澤と言えば澤穂希選手ではなく澤昌克です。



今回のスタジアムはアリアンサのホーム。


けっこう治安の悪い事で有名な地域ですので、観戦の際はご注意を。


f:id:ryotahenzan:20150817151226j:image
会場までの様子。

非公式のグッズがズラリと売られています。
かなり安い。

この写真を撮っただけでも、「良太、こんな所でiPhone出したら危ないよ。強盗に目を付けられたらどうすんだ!」と言われてしまいました。

日本の皆様に伝えたくて頑張ったんです。

アリアンサ・リマのチケットは、基本的には当日スタジアムへ行けば買えます。

でも今回の様に満員必死の時は、事前にリマ市内に数カ所あるチケット売り場を探して買った方が良いです。


また、アリアンサ・リマの育成部長は新垣エルネストという日系人です。
彼も元ペルー代表CBで、長くアリアンサ・リマのキャプテンを務めた有名人。
f:id:ryotahenzan:20150817151556j:image

引退後は育成年代のペルー代表コーチを経て、アリアンサ・リマに就任しています。


他にもアリアンサの育成年代のコーチにはTakayamaという日系人、フロントにはHigaという日系人がいて、日本で9年間も期間工をしてからプロコーチになった異色派Cesarもいます。


極め付けは特に本人は日本と何の関係もないのに、親が日本好きだから"ケンジ"と名付けられたコーチでしょうか。

日本人がアメリカ好きだからってジョージとは名付けないし、ペルー好きだからってゴンザレスとは名付けないでしょう(笑)






Facebookでは326万人のいいね!数。
コリンチャンスの1000万人やボカの700万人には届きませんが、浦和レッズガンバ大阪が4万人に比べると、世界的な注目度の高さが感じられます。

南米ではTwitterは流行ってませんが、約9万フォロワー。


アリアンサ・リマの応援歌が聞きたければこちら。

Alianza Campeón (Se Va, Se Va)

Alianza Campeón (Se Va, Se Va)




そういえば日本では2ステージ制の賛否が分かれているみたいですが、とりあえずペルーでは成功みたいです。

今回は1stステージの山場にこの入場者数ですから。


でもペルーだけでなく他の国や色んな事例を参考にして、更に日本の文化に当てはまるのかなども考えてまだまだ議論の余地はありますね!

ペルーリーグ、是非オススメです!

楽しいよ!